北陸人妄言録
北陸人が何か適当にコラムるblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


親日国家認定
どこかのアンケートで「日本文化(アニメとか?)が好きだ」とか「日本がよい影響を与えている」という結果だけで韓国人の「在日認定(血は朝鮮人起源認定)」ならぬ「親日国家認定」してしまう雰囲気がちょっとこわい。

▼個人と国家は分けて考えるべき。例えばアメリカは親日国家なのだろうね、きっと。でも個人レベルでいくと、どうかな。やはりアジア人だから日本人は「黄色人種」だし、果ては日本という国すら知らないだろう。

▼人民の感情関係なしに「親日」「反日」「侮日」とできる国家が近くにあることだし。

▼「○○で日本の××が流行っている」という報道には気をつけたい。親日国家であるかどうかは、国民の感情よりも政権が決めることだから。

▼でも例外があって、韓国は韓国人のアイデンティティー自体が反日なんだけど。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


東京中日新聞は廃刊した方がいいと思う。
最近マスゴミの「安倍バッシング」がひどい。その中でも特にひどいのものに電波BIG3と名づけたい。それは「朝日・毎日・東京新聞」である。全く持って理解不能な論理を押し付けてくる。雛形をあげるならば「起承転→安倍が悪い」と言ったようなもの。

▼各社横並び、よーいどんで「結論が安倍批判、どれだけ斜め上を読者にアピールするか」といった不毛な争いをしているように感じてしまう。

▼朝日新聞・テロ朝は森首相時代にも陰湿な攻撃をやっているし、小泉バッシングもやってきた。言うなれば筋金入りの「反日メディア」だ。毎日は右から左巻きまでいるのでしょうがないと言ったところ。

▼だが「反日だから」「左右の意見を採用しちゃう自由な新聞社だから」という一応は筋が通っている理屈に当てはまらない新聞がある。東京中日新聞だ。もはや理解不能。ついていけない。

▼かの新聞は「寄生虫キムチ?なぁに(食えば)却って免疫がつく」と迷言を放つなど、その論理のぶっ飛び具合は昔から有名だった。最近はその虚言癖が悪化したようだ。例えば自紙の夕刊では「美しい国」逆から読むと「憎いし苦痛」…という人智を超えた論理を展開した。(画像

私がソースとして持っている虚言はこれだけですが、興味があればどうぞ。読後感は「は?」ということ、自信を持って保証致しましょう。

▼くしくも今日の社説のタイトルは『逆戻りは許されない』。だがそうは言わずに逆に戻ってみてはどうか、常人の道に。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


1票の格差
大メディアの方々は「国会の定数是正努力に一定の評価を与えた四日の最高裁大法廷判決」にご不満の様子だ。「1票の格差」とやらをどうしても問題化したいらしい。

▼確かに都市部の方からみれば、地方というのは「税金泥棒」な上に「投票の特権」をもっているように見えるかもしれない。

▼朝日風に言えば「だがちょっと待って欲しい」。JOJO風に言えば「逆に考えるんだ」と言ったところか。即ち「日本の国土を守っている」「日本の主権を守っている」と考えれば少々怒りは和らぎませぬか。

▼というのは何も私の持論ではない、麻生外相の持論だ。私も言われて初めて気がついた。地方人ながら自虐史観持ちだったとは、さすがに言いすぎか(笑)。

▼人の声に耳を傾けるのは大事なことだ。だからこそ地方の声にも傾けて欲しい。もちろん声を上げる側も行動せねばならないのは言わずもがな。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


田中真紀子
国会、予算審議会に田中真紀子のおばはんが出てきた。メディアはこぞって「まきこ節」炸裂とでもはやすだろうね。TBS・報ステあたりをチェックすると面白いかも。(編集で「安倍首相」を押さえ込む雄姿がみれるかな。)

▼それにしてもこの真紀子。外相時代に金豚のムスコ「金正男」を折角捕らえたにもかかわらず帰したお方。その人物が「拉致問題」を語るとは、片腹いたし。

▼「(他の被害者救出のため)首脳会談でなぜ机をたたいて激論を交わし、残ってひざ詰め談判できなかったのか。連帯責任は大きい」とまで言い放つ始末。呆れた。正男を帰したあんたには連帯責任がないのだろうか。

▼果ては松岡利勝農相の政治資金収支報告書の記載漏れにも触れる。越後交通の件はどうなったんですか。真紀子さん教えてください。

▼こんな政治屋を出してくるなんて民主党は人材も話題も枯渇しているようで。国家国策を考えない野党は本当に迷惑。投票は絶対しないが、又吉イエスの方がまだマシだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。